禁煙外来は医師に直接診てもらえるため有効ですが、通院が面倒になってしまうという危険もあります。

禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来とは

ニコチン依存症は治療が必要な病気です。自分1人で病気を治すのは難しいものですが医師の診断を受け適切な治療薬を処方してもらう禁煙のサポートを行ってくれる医院の事を言います。

喫煙を単なる「習慣」ではなくニコチン依存主という「疾患」であるという考えから、医療機関での禁煙治療の保険診療が認められるようになりました。ただし保険適用での治療には4つの条件を満たさなければなりません。

■保険適用の条件

  • 前回の治療の初回診療日から1年経過している事。
  • ニコチン依存症の判定基準となるテストにおいてスコアが5点以上である事
  • 「1日の喫煙本数」×「喫煙年数」が200以上である
  • 1ヶ月以内に禁煙を始めたいと考えている
  • 禁煙治療の参加同意書に署名できる方のみとなっております。

費用

費用

保険適用を受けた場合の費用は大体どれぐらいでしょうか?治療薬により異なりますが、12週間の治療で大体3万円程度と言われています。これは自己負担額3割の場合です。もちろん治療薬の値段は含まれていませんのでもっと費用は高くつくでしょう。診察料、処方箋料などプラスされると6万円程度になります。自由診療の禁煙外来でしたら更に費用は高くついてしまいます。

禁煙外来を受けたからといって確実に禁煙できるとは限りません。ニコチン依存はそう容易く克服できないものです。まず克服するにはメンタルを鍛え、そしてニコチンの事を知り、喫煙のメカニズムを知る事から始める事をお勧めします。

しかし、禁煙外来に通院する時間などの事を考えるとなかなか重い腰は上がらないものです。チャンピックス通販で購入する事ができます。禁煙外来と比べればとても安くチャンピックスでの投薬治療が可能です。まずは1人でどこまでできるかやってみるというのも選択肢だと思います。あまり禁煙するという気負いをせずにできる事から始めるようにしましょう。徐々に禁煙をしていくというぐらいがちょうどいいと思います。チャンピックスをいかに上手に使用するかが禁煙の鍵となると思います。